神波多一花 隣に住む長身奥様に顔面騎乗でマンコもアナルも擦り付けてもらいます。

神波多一花

月曜日の朝。連日連夜怠惰な昼夜逆転生活を送る独身男ミヤザキは、今週こそ部屋中に溜まったペットボトル群をゴミ捨て場に出そうと、眠い眼をこすってゴミ捨て場へと向かった。「おはようございます」と声をかけられて、ん?と振り返った。マンション隣室にお住まいの美人奥様・カミハタ婦人だった。「おっおはようございます」と会釈をしつつ、ミヤザキの視線は、隣室婦人のパツパツに食い込んだ、無防備な、パンツルックの着衣股間に浮かび上がる一本スジへと、吸い寄せられた。

▽この動画の収録作品はコチラ▽

超本格官能人妻エロ絵巻 お隣りのまんすじ奥さん 神波多一花